ひるねのくに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

なくらし

おに山田さんと、石井聖岳さんが
中野駅の近くで2人展をします!
かっこいいDMだ


DM11.jpg


DM21.jpg


スポンサーサイト

PageTop

ふうちゃんが ないたついでに あくびする
「あのね、、、ふあ〜あ」と めんどくさそうに


↑今朝の光景を歌ってみました
「へたくそ!」と自分で言っておこう
こんな本を読んだので、歌いたくなったのでした



歌―ロングロングショートソングロング歌―ロングロングショートソングロング
(2012/03/17)
枡野浩一

商品詳細を見る


枡野浩一さんの短歌、
短歌に添えられている杉田協士さんの写真、
力が抜けてたり、鋭かったり、読む日の気持ちによって
気になるページが違います


最近は、こんな本も読みました


動物の死は、悲しい?---元旭山動物園 飼育係がつたえる命のはなし (14歳の世渡り術)動物の死は、悲しい?---元旭山動物園 飼育係がつたえる命のはなし (14歳の世渡り術)
(2010/08/19)
あべ 弘士

商品詳細を見る


PageTop

リザードン

最近、学童ではポケモンの絵を描くのが流行っている
ポケモンの本があるので、
それをお手本にして描く

一生懸命描いてると子どもから
「へたくそ」とか
「なんか違う」とか言われる

リザードンというポケモンを描いたら
一年生の女子に
「これは、まあまあうまいじゃん」
と言われて ガッツポーズした
「おら、リザードン描きになるだ!」

PageTop

大漁旗

きょうは、福島県いわき市まで行ってきました
山も海もある所は
私が生まれ育った神戸に似ています
神戸を平地にして、もう少し気さくな雰囲気にした感じの
とてもいい所でした

7月に、いわきアリオスさんのわくわくしごと塾という企画で、
いわき市小名浜にある「つるや染物店」さんに
子ども達と弟子入りして、大漁旗を作ります
(その経験を生かして、子ども達と絵本も作ります!)

きょうは、スタッフの方、小名浜公民館の方、
つるや染物店を営んでいるご夫婦(職人さん)とお会いしました
そんで私は7月の半分位を、いわきで過ごす予定です!
小名浜の子ども達、威勢がいいそうなので楽しみです
友達になれるといいなあ

職人さんから聞いた話ですが、
大漁旗には「船が出来ておめでとう!」とか「大漁になりますように!」
という気持ちの他に 人を元気にさせる力もあるそうです
お店に飾ってある旗を見て、私は本当だと思いました














PageTop

会釈

病院に行ったら、
待合室でヤンキーの女の子2人が
大股ひらいて座っていた

私は、昔ながらのヤンキーが居るところが
所沢のいいところだと思う

金髪でジャージでロングヘアーで持ち物が少なくて、
大きな声で汚い言葉を使うという
どこに出しても恥ずかしくない立派なヤンキーだ


宮沢賢治の本を読もうと思ってたけど、
ヤンキーの意味のねえ会話が面白すぎて
本を読んでるフリをして、ずっと聞いてた
ある意味「すきとおった食べ物」だった

薬局で薬を待っている時も
その2人組と一緒になってしまい、
2人が席を陣どるので、私はずっと立っていた

その後、ダイエーの中でも
その2人組+彼氏らしきヤンキーに
会ってしまって
(あ!さっきのヤンキーだ!)
と心の中で思ってたら
バチンと目があって、会釈されてしまった


なぜ会釈?
私はびっくりして、結果的に無視してしまった
彼氏らしきヤンキーも「え?何?誰?」って言ってたし
なぜ そこで会釈なんだろう?
なんか可愛いかったけど、、、じゃあ、席ゆずれよバーロー





PageTop

ロールケーキパワー

おとついは、飯野和好さんとクレヨンハウスで対談しました
来て下さった方々
どうもありがとうございました!

飯野さんの、
「丈夫で大きいけれど何処に行くのか分からない船」
に乗っかりました

最後に飯野さんが絵本の読み聞かせをして下さって
それが すごく面白かったです!
太鼓、セリフまわし、殺陣、
実写版飛び出す絵本です

そんな飯野さんが座長をしている「てくてく座」
という劇団に入る事になりました
次回の公演は9月29日紀ノ国屋サザンシアター!!
まさかの女優デビューです
(きこり役)


昨日は、ロールケーキを食べました
私の血管にほとばしるロールケーキ!
(これは最近読んだマンガの言い回しです)
今週は、絵本の描き直しをします

PageTop

ワークショップin丸善 丸の内本店

2012年7月8日に丸善 丸の内本店で、
ワークショップとサイン会をします
「シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる」
のワークショップです
ちょっとだけ ちょっとだけ楽しいことをする予定です

■開催日時:2012年7月8日(日)
ワークショップ 15:00~ サイン会 16:00~
■場所:丸善・丸の内本店 3F児童書売場特設会場
要整理券 ワークショップ:20名様 サイン会:20名様(電話予約可)

■参加方法:
ワークショップ:参加ご希望の先着20名様に和書売場3Fレジカウンターにてイベント参加整理券を配布いたします。
サイン会:丸善・丸の内本店にて対象書籍をご購入の先着20名様に3Fレジカウンターにてサイン会参加整理券を配布いたします。

イベント参加整理券・サイン会参加整理券ともなくなり次第、配布終了となります。

対象書籍
『シルクハットぞくはよなかのいちじにやってくる』(おくはらゆめ著、童心社刊、税込1,400円)

ご予約およびお問い合わせ
丸善・丸の内本店 和書グループ 
03-5288-8881(営業時間 9:00~21:00)

詳細は丸善のサイトにも載っています

PageTop

ドボンの旅

今朝、寝ていたら
ドアをドンドンたたく音で起こされた
パジャマのまま出てみると
近くの工場のおっちゃん2人が
「お宅で亀を飼っていませんか?」
と、黒い固まりを差し出した

頭と手足を甲羅の中にひっこめているうちのドボンだった

おっちゃんは
「道路の真ん中で車にひかれそうになってたから連れてきた」
と笑っていた
私は「すみません」と謝った
(パジャマですみませんという気持ちも込めて)

ドボンはどこに行きたかったのかな?
綺麗な川かな?緑いっぱいの池かな?

私がドボンだったら、浅瀬の川がいいな
サワガニとかドジョウとかアユを食べるねん
あと可愛いメスが何匹かいるとなおいい

dobochan.jpg






PageTop

こどもの本の学校inクレヨンハウス

クレヨンハウスの企画
第22期こどもの本の学校
絵本作家の飯野和好さんと対談します

場所:クレヨンハウス 東京店
〒107-8630 東京都港区北青山3-8-15
TEL 03-3406-6492

日時:2012年6月16日(土)
   16時から17時半まで

当日券は11時から1階子どもの本売り場で発売します
料金は3000円です


「対談」という事は
飯野さんと、ふたりっきりで話すんですよ~

飯野さんとは1回お会いした事があって
「またいつか会いたいなあ」とは思ってたけど
それが対談だなんて、思わなかったです



PageTop

贅沢

こないだの月曜日に、
絵本の原画を描き終えたので
おもいっくそ ダラダラしました

マンガを読んだり
映画を見たり
いっぱい歩いたり
電車の中でビールを呑んだり
温泉に入ったり
夢の様な日々です

「急に思い立った事をできる時間」
っていうのは とても贅沢だなあ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。