ひるねのくに

水曜えほん塾に行ってきました

昨日は、現役の編集者、
イースト・プレスの筒井大介さんと
岩崎書店の堀内日出登巳さんがやっている
水曜えほん塾
特別講師で行ってきました 遊びに行ってきました

絵本塾生の みなさまの前で
好き勝手に お話をさせてもらいました
なんでか初恋の話までしてしまって、
「あの話は 一体 誰が聞きたかったんだろうか?
 いや、ただ 自分が話したかっただけなんだなあ」
と 思いました 恥ずかしや~
穴があったら 奥の方まで 入りたいし、しばらく出たくない

帰り道、自転車に乗っていると、雨が降ってきたので
無性に 歌いたくなって 中学生の時に大すきだった歌を熱唱しました
少し 恥ずかしい気持ちも ぶっとんで
すやすや 眠れました


しかし 私は「講師」向きでは ないんだなあとしみじみ思った夜でした
とりとめのない話を聞いてくれた水曜えほん塾生のレディー4人と
いつもの講師のメン2人に感謝です

でも、みんなが水曜えほん塾に応募したきっかけや、
もし絵本の賞で100万円もらったら何をするかなどを聞けて、
きっと 普段聞けない事なので
私にとっては とっても収穫がありました

けっこう「なんとなく」の応募やったり 模索中や研究中の人が多くて
あと 全員が マイペースな雰囲気を かもしだしていたので
これから みんな どんな絵本を作っていくのかなあ?
わたしも もっと研究するどー!
と ドキドキしました
どうも ありがとうございました

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する